助けあえて ・・・

f:id:okogesuma:20170629002152j:plain命の重さを知る仲間から、しっかりせんか!と叫ばれた。

せめて、母ちゃんの事を願おうさ!

我が為と思えばきばりえん!

母ちゃんの為に元気でおらんばやろぉもん。

アイコンも、ホーム画面も決められないくらい ぐちゃぐちゃやった。

電話が鳴った。 【 くそばばぁ〜 なんしよっとや!我がば見つけきれんとや!俺が決めてやる! 】

私には、来まった流れがあるのだと言う。笑

自分では、まったくわかっていない。

んん! ほんとだ。落ちついたよ。(≧∇≦)

不思議やねぇ〜

ガン復活から、6年 ・・・あと1年ばいって繰り返す。

汚した下着を捨てる日々に泣いた日が続いたと言う。

【  笑え!  】そう叫ぶ。

【  笑わせてくれさ・・・ 】そうつぶやく。

電話の回数ふえたね。

不安なんだね。

ほんの、2、3分 ・・・

ぼろくそ汚い言葉で 会話して

【  そしたら、きるぞ!忙しかっちゃけん! 】

なんじゃそりゃ ・・・

電話をきったあと、速攻でラインに言葉がはいるよ。

【  ありがとうな!・口の悪うしてごめん 】

この頃、ようあやまりなる。

ありがとう!も何度も言うてくれなる。

お互いに、折れそうな心を

もちつ、もたれつ・・・

声の 応援! ありがとう!

ご安全に!