BOSS ・・・

f:id:okogesuma:20170914220635j:plain

思い出したよ。

そうだった。

何時も、どの場面でも何故か

二つの輪の 境い目に立っていた。

小 ・ 中 ・ 高   社会人になっても

職場の中での グループの境い目にいた。

みんなが好きだったのに・・・

みんなが一つになれないのよ。

いろんな、方法を手当たり次第重ねてきても

そこには、私には理解出来ない

何かがあった。

それぞれの 大切な時間に

呼んでもらえる。

でも、

そこでは 何だか孤独感が常にあったよ。

そこにいない方達の事を

皆んなと揃って 話しが出来ないのよ。

いい子ぶってとか、

そんなんじゃなかった。

上手く、楽しく付き合うなら

流れにのって話せば 簡単だったのかもしれないけど・・・


孤独感 をもち続ける方が

ましやったの。

聞こえてくる内容で

あきらかな 誤解がある時だけ

口をはさんだよ。


🐽  それは、そんな思いで言ったわけじゃないよ。

って


よくわかっててくれたよ。

リーダーの女子がみんなの前で

言ってくれた事がある。


😊  あんたは、ここでは、あの人達の事を

絶対に悪くは言わない。

それは、どんな事かは、

ここにいる皆んなは、

ちゃんとわかってるとよ。

・・・あんたは、あの人達と過ごしていても

私達の事を悪くは言ってない。って

どっちの話も、耳にするとは

きつかろ?

でも、それでも そこに立ってるとね。

ごめんね。

でもね。

あんたが きつかやろな。

って思う気持ちから、いっこにこでも

私達も 変わりよるとよ。

ありがとうね。


あんたは、変わらんでよかよ。


そう言ってくれた。


何かがほどけた。


いっぱい泣いた。


私の幼なじみ達の言葉だったのよ。

皆んな、

優しいお兄ちゃん、お姉ちゃん

一年ちがう中に私はいたもんね。


何時も、今でも

優しく見守ってくれてる。


でもね。


孤独感は、何にも変わらない。


娘は、言う。


😊  お母さんの周りは、いい友達でいっぱいだね。私も、そんな仲間が欲しい!

そのお友達の子供さん達と、私達も

仲良くなりたい!


そう言ってくれた。

嬉しかったけどね。

その時には、こう呟いた。


私は、一人よ。


何処にも 身を置けないで

一真ん中に立ってて

その周りで、皆んなが手をつないで

輪を作ってる感じよ。


たくさんの輪があっても

私は、誰とも手を繋いでないとよ。


って。(≧∇≦)


心 不安定やったんやろね。

娘には、ごめんね。って伝えたけどね。


手を取ってくれたのが

BOSSやった。


んん!


一人じゃなくなって

あっという間に

心 満たされたよ。


これまでよりも

皆んなに、もっともっと

優しくなれた。(≧∇≦)


自分の居場所が出来ると

心も、安定した。


お前は、これでいい。

って しっかり言ってもらえて。

うなずいた。


今の 私の心を育ててくれた。

感謝してる。



つくりあげて、

どっか行っちゃったね。


でも


今 すぐそばに感じるから

思い出したんだねぇ 〜


来週は、ミニ同窓会だよ。

一波乱 ありそうだけど

私は、

また二つの堺に立つよ。


前の私とはちがうよ。


何かが

変わるといいね。


せっかくのチャンスやん!

無駄にはしたくないよね。


BOSS ・・・


手をかして・・・

知恵をかして ・・・